NEWS
日々の出来事

『入社まで、待ちきれない!』同じ想いの”戦友たち”

  • # 20新卒
  • # 内定者
  • # 新卒

「Bullet Group ~Intern Journey~」の第6回目をお届けします、

バレットグループ株式会社2020年卒内定者の「さーとし」こと齋藤慧です!

今回は、同じく内定者としてインターンで活躍している私の仲間を2名紹介します!

 

待ちに待った同期との初対面

 

私がバレットグループ株式会社から内定をいただき、インターンを開始してから1年と2ヶ月ほどたちました。

 

現役高校生として選考に挑み、入社1年半前の高校2年の夏に内定をいただく!というバレットグループ史上異例の内定者であった私、齋藤ですが、

インターン開始当初での2020年度内定者自体も、私1人だけでした。

 

それもその通り、

一つ上の2019年度内定者の先輩方でさえ入社する前でしたから(笑)

振り返ると、とても有り難い事なのだと日々、感じております。

 

2019年度内定者と2020年度内定者が“同じ時間”を過ごす。

とても不思議な感覚でしたが同じ内定者という仲間を持てたことが嬉しかったです。

そのおかげもあり、先輩方とはいち早く打ち解けることができました!

ただ、先輩方は4月に晴れて入社、先輩内定者としてではなく”先輩社員”となったことに少し寂しさも感じていたのを覚えています。

 

「一番近い存在だった先輩方に置いていかれる、私も早く同期に会いたい!」

そんな気持ちでいっぱいでした。

 

変化が起きた社員旅行

 

そんな中、今年の7月に毎年恒例のバレットグループ 社員旅行が開催されました。

バレットグループの社員旅行は全社員だけでなく、内定者も招待していただけるという会社をあげての一大イベントへ参加させていただけるチャンスが!

今年の社員旅行も私を含め多くの内定者が参加しました。

それが、私が初めて同期の内定者と対面でお会いできた機会でした!

 

 

実は、社員旅行は部署別で2つのグループに分かれ開催されたので、

実際に同じグループではなかった内定者たちと会うことができたのは10月に開催された内定式が初めてでした。

 

初めて同期全員と会った時、私は本当に嬉しくて

「やっと同期全員に会えた!!!こんな感覚なんだ!!!」

と、1人で感動していました(笑)
1年も前から逢えることを楽しみにしていたので!最高の瞬間でした!!!

 

前置きが長くなってしまいましたが、

どれだけの想いで、私がバレットグループ で出逢うことのできた同期の仲間たちを大切にしているかお分かりいただけましたでしょうか!

バレットグループ2020年卒内定者は全員で13名。

毎年、バレットグループに入社する新卒の学生は地方出身者が多いのですが、

今年も例に漏れず、圧倒的に地方出身者が多いのです!

ただ今年は例年と比べ年齢の幅が広く、一番上は大学院卒から下は高卒まで(私です)の年齢層の学生が集まっています。

 

 

ぜひともここからは、そんな大切な同期の仲間たちを紹介させてください!

個性豊かな仲間たちの中で、私と同じく東京本社でインターンとして頑張っている2人を今回は紹介したいと思います!

 

それでは1人ずつ紹介していきます!

 

 

内定者紹介_最年長パワフル男子

 

1人目は、2020年度内定者13人の中で唯一の大学院生、石井陽さんです!

★プロフィール★

・名前:石井陽(あだ名:あっきー)

・出身:東京都江戸川区

・趣味:読書、自己啓発

・好きな言葉:率先垂範

 

 

石井さんのこのプロフィールを見てお気づきの方もいらっしゃると思います。

そうなのです!実は石井さん、以前にもこのブログで紹介しているのです!

 

「Bullet Group ~Intern Journey~」第3回にて、

夏に開催したサマーインターンの紹介をした際に石井さんを少し紹介しました。

 

以前は上記のプロフィールでのみの紹介でしたので、

今回は石井さんの人となりをもっと深く紹介していきます。

 

同期でも年の差6歳

 

高校生の私と6歳も歳が離れている石井さん。

私にとっては「お兄さん」的な存在なのです!(勝手にすみません。笑)

その年齢差は実に、私が中学校に進学したと同時に大学に進学したことになります。6年も先輩と同期になるなんて、とても光栄なことです!

 

今年の夏からインターンを始めた石井さんですが、

普段はバレットグループのASP事業を担う、BGテクノロジー株式会社の広告事業部でインターンをしています。

 

実際に接していると年齢差を忘れてしまうほどの謙虚さと、

大切だと思ったことはすぐにメモに書く学ぶ姿勢に本当に驚かされます!

 

バレットグループの説明会に参加した際に登壇していた役員の謙虚さや、

”ひとりの人”として接してくれる姿勢に感激を受け「ここに絶対に行く!」と決めたと語る石井さん。

 

石井さんもまた、6歳も年下の私に”ひとりの人”として接してくれるジェントルマンです!

 

 

内定者紹介_ITベンチャーだけどアナログ女子!

 

2人目は、私と一緒に「就活座談会」を開催した望月さんです!

※「就活座談会」についてはこちらから

 

 

★プロフィール★

・名前:望月 理恵(あだ名:もっちー)

・出身:千葉県

・趣味:料理、街巡り、読書

・好きな言葉:「何事も学び」

 

 

“会話はメールよりも対面。メモは紙で。買い物はお店に行く。”

といったこだわりを持ち、ご自身のことを”アナログ女子”と呼んでいる望月さん。

なんとも縁が遠そうなITベンチャーを選んだ理由は”バレットグループ の社員の良心さ”にあるそうです。

 

もともと、好奇心旺盛でなんでも挑戦したくなる性格で、親和性が高そうな「ベンチャー企業」に興味があって、その中でも社員さんの温かさや雰囲気に惹かれバレットグループへの入社を決めたそうです。

 

アクティブな望月さんですが、日頃からものすごく周りへの配慮は気を使う方で、

会社内で定期的に開催される飲み会に、手料理を持参して振る舞う気配りは社内でも話題になるほど!

話したことがない社員さんでも積極的に話しかけ、すぐに打ち解けてしまうことから、本当に”人”に惹かれて決めたのだなと感じます!

 

“人との対話”を大切にするアナログ女子、望月さんでした!

 

 

最後に・・

 

今回はインターンをしている同期内定者の内の2人を紹介させていただきました。

この大切な同期の仲間たちと一緒に働ける事を、他の誰よりも私が!!!楽しみにしています。

 

2019年度入社の先輩が先に入社してしまった寂しさと

「自分の同期には、どんな人が入ってくるのだろう」

という期待と不安を抱えていましたが、流石は私たちが選んだ会社!ここまで最高な仲間たちに恵まれて本当に幸せです!

約1年間、バレットグループの新卒採用イベントのサポートや実際に登壇して気づいたことは、

私を含め就活生と接する全ての社員が口を揃えて会社の魅力は「人」であると話すのです。

それは説明会でも1DAYインターンでも全くブレません。

 

先ほどご紹介しました2名からもたくさん出てきた「人」。

バレットグループ株式会社 の、一番の魅力です。

 

社員全員が心の底からそう思っているからこそ、

そこに共感した学生がバレットグループに心惹かれる。

この循環の中で、“人を育てられる人を育てる”というスローガンが創られたのだと感じます。

 

そのことに気がつくとき、また1つ気づくことがあります。

「次は私たちこそが、その循環を作って行く側になるのだ!」ということ。

 

バレットグループの社員としてではなく、

まさに”ひとりの人”として成長していくことが大切になってくると思います。

 

これから自分に後輩ができたとき、

「人に惹かれてここに決めた」と言って入ってくれるように!!!

私もこれからのバレットグループ での人生を創っていきたいと思います。

 

 

次回は・・2019年の総括!

第7回目となる次回は、

内定者目線で、バレットグループ株式会社の2019年を振り返ります!

 

【もっとバレットグループを知りたい方は・・】

▷サイト内の会社ランキングにて3週連続1位を獲得した「パッションナビ
2020年卒内定者がほぼ毎日「情熱メッセージ」を更新しています!

 

▷コンテンツ盛りだくさん!ツイッターでは会社にまつわる様々な情報を投稿しています!
クスッと笑える投稿やおトクな会社情報など要チェックです!

 

▷弊社エンジニアがブログを投稿!技術面で様々な情報を得られるかも!?
Colorful Bullet」で目指せスキルアップ!

 

インスタグラムにて、会社の日常風景を発信しています!
社内の様子を覗いてみてください!