NEWSニュース

自宅待機の子どもたちを応援、主要4教科と海の知識が同時に学べる学習ドリル「ウミドリる」を社員の家庭に展開

バレットグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:⼩⽅ 厚、以下バレットグループ)は、日本財団「海と日本プロジェクト」*1が実施する自宅待機を余儀なくされている子どもたち向けのプロジェクト「stay home with the sea」*2の一つのプログラムである「ウミドリる」*3を社員の家庭で展開することにいたしました。

「ウミドリる」は、当社が協働プロジェクト企業として参加する一般社団法人Alliance for the Blueが、小学校4、5、6年生を対象に、休校措置によって失われた学習時間を補完し、知的な学びや探求をする時間を増やすことを目的に制作した学習ドリル。今回、他の協働プロジェクト企業(コクヨ、大日本印刷、日本教育新聞、三菱ケミカルホールディングス)と共に多くの家庭で幅広く展開し、協働の輪を広げていきます。

■「ウミドリる2週間チャレンジ」について
バレットグループでは、協働プロジェクト企業としてさらに「ウミドリる」を社員の家庭のみならず、社員の友人や居住地域の家庭に広く展開することを推奨すると共に、多くのご家庭で楽しく実施してもらうため、体験レポートを当社SNSにて公開する「ウミドリる2週間チャレンジ」を計画、2020年6月以降順次掲載していく予定です。

*1
日本財団「海と日本プロジェクト」
日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、私たちを支えてくれる海の現状を伝え、海を未来へつないでいくためのアクションの輪を日本全国に広げていくオールジャパンで推進するプロジェクト。

*2
stay home with the sea
全世界的に【stay home】が叫ばれ、自宅待機が余儀なくされている中、今は行きたくても行けない「海」を身近に感じてもらえるように自宅にいながら楽しく学べるスペシャル企画。小学校に行けない子どもたちの学習をサポートしたい、また、親御さんの負担を少しでも軽減したい、そんな想いから生まれた企画です。

*3
ウミドリる
国語、算数、理科、社会の四教科と一緒に海のことも学べる「学習用ドリル」です。ウミドリ(海鳥)が各教科を面白く、楽しく案内します。各教科をそれぞれ1ページずつ(計4ページ/日)、頑張って2週間続けると、四教科に加えて海のことも学べる「一石二鳥ならぬ、一石五鳥」の優れものです。
制作:一般社団法人Alliance for the Blue※

ウミドリるは、無料配信しています。
URL: https://uminohi.jp/stayhomewiththesea/drill.html

※一般社団法人Alliance for the Blueは、海と日本プロジェクトの一環として推進する海洋ごみを始めとする海洋課題の解決を目指す「Change for the blue」を積極的に実践する協働企業・団体の連合体。