Newsニュース

広告取引における決済手段に「暗号資産」利用開始


バレットグループ株式会社(本社:東京都新宿区/代表:小方 厚)はBGテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区/代表:大崎 亮/バレットグループ100%子会社)が展開する、アフィリエイトサービスプロバイダ事業(以下ASP)である「SLVRbullet(シルバーバレット)」において、広告主における広告掲載料、媒体社(アフィリエイター)への媒体掲載料、双方の決済を暗号資産にて行える機能を実装します。
ASPにおいて暗号資産を用いた支払い受け入れ、決済機能を実装する事例は国内外でも初の事例となります。

今回採用する暗号資産はシンガポール企業であるMakers Farm Pte. Ltd.(代表:金光 善浩/バレットグループ持ち分適用子会社/以下MF )が発行した「CIM」となります。MF社は「COINCOME(グローバル版 https://cimcome.sg 日本版 https://cimcome.jp)」というキャッシュバックサイト(同社発行のCIMが買い物などを通じてキャッシュバックされる)をシンガポールを含めた東南アジア圏及び日本でローンチしています。
なお「CIM」は世界的な主要仮想通貨取引所であるLiquid Globalに上場しており、日本国内の仮想通貨取引所への上場も準備の段階にあります。MF社は本年、日本国内におけるCOINCOMEサービスを提供する日本法人としてMakers Farm Japan株式会社を設立しており、日本国内においてもCOINCOMEを通じたCIMの流通が加速すると考えます。

本取組はMF社に日本を含めたCIMの流通促進をもたらし、一方バレットグループにおいては数々の利点(従来の法定通貨と比較して為替がない、送金手続きが簡便である、暗号資産そのものがアフィリエイターと親和性をもつ等)を鑑み株主としてMF社の事業推進に寄与するものと考えます。

【広告主・媒体社における「CIM」利用メリット】
BGテクノロジーが展開するASP「SLVRbullet」において、広告主はSLVRbulletへの広告掲載料をCIMで支払うことができるようになり、CIMにて支払われる分(法定通貨と併用可能)においては3%のディスカウントを行います。
また、媒体社(アフィリエイター含む)に対しても広告掲載報酬をCIMで受け取る分においては3%のレートアップにて支払うことといたします。

【今後の展望】
MF社の戦略としてCIMは日本国内及び海外の主要取引所への上場を進め、本件のように広告決済の取引に利用される暗号資産としての流通性を高める方針です。CIMは既に仮想通貨取引所において各国法定通貨、主要な暗号資産への兌換性を有していることから、決済が伴うサービスを提供する多くの事業者向けに「暗号資産による決済API事業」として国内外で事業を進めていく予定です。バレットグループは日本国内及び海外子会社を通じ、MF社の同事業を共同で推進してまいります。
具体的にはSLVRbulletと同様の国内外のASP事業者向けにCIMを用いた決済手段の提供、COINCOMEと同様のキャッシュバックサイト運営業者に対するCIMの連携、DApps基盤としてのOEM提供などが想定され、既に導入検討ステータスの事業者もあります。キャッシュバックサイト事業の進捗にあわせて、暗号資産を対象としたAIスコアリングベースのマイクロファイナンス事業等への進出も予定しており、共同でR&Dを進めています。

SLVRbulletにおけるCIM決済の開始は年内にて、対象者を限定したクローズドサービスとして評価版を提供する予定です。

▼プレスリリース全文
日本語
英語
中国語(簡体)
中国語(繁体)

【本件に関する問い合わせ先】
バレットグループ株式会社 広報担当
info@bltinc.co.jp